<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
| main |

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    腰痛に『エゴスキュー・メソッド』

    0
      JUGEMテーマ:肩こり、腰痛





      「いったいこのつらさの何がわかってそんなことを言うんだ・・・」


      そう思われるかもしれません。


      ですが、薬も効かない、手術でも治療できるかわからない、


      というような重度の腰痛も、手術をしても整体施術をしても


      再発してしまう、というほどの腰痛も、
       

      寝たきり生活を余儀なくされるほどの痛みでさえも、


      解消することは決して難しいことではありません。


      なぜなら、科学的に治療する方法が既に発見されているからです。


      そして、このサイトと出会ったあなたは、
       

      今日から腰痛治療に関する考え方が変わることでしょう。


       腰痛治療に関する多くの常識が間違いであることに気づくからです。
















      腰痛を治療をしうとすると、まずこのようなことをやる方がほとんどでしょう。


      しかし、それで腰痛は完治したでしょうか? 答えは「NO」だと思います。


      もちろん、これらの方法が悪いと言っているわけではありません。

      しかし、表面的な腰痛治療を試したとしても、膨大な時間とお金が必要となります。


      そしていつしか、腰痛が悪化して、
       

      「片方の足が痺れる、足を少し上げるだけでも激痛・・・」


       生活にも支障をきたすほど、取り返しの付かないまで悪化してしまう方がほとんどなのです。


      では、どうすればいいの・・・?










      ・ 腰の激しい痛み

      ・ 腰下が抜けたような感覚
       
      ・ 痛みからストレスやイライラ・・・

      ・ お尻、太ももの後ろや足先が痺れる・・・

      ・ 背中を反ると痛みが走る・・・


      みなさんの悲痛な声を沢山聞いてきました。


      しかし、私がある観点からアプローチするエゴスキューを教えた途端、


       早い人でその日から痛みが消えたなどの効果を実感しています。


      「なぜ、エゴスキューを実践すると、そんなに根本から解消してしまうのか?」


      実は、腰痛を解消するうえで重要な事はたった1つしかありません。


      その『ある観点』からのアプローチなら腰痛は自然と良くなるものです。










      情報の発達したいまでも、身体組織と諸症状との因果関係の事実に


      気が付いている人は極稀でしょう。


      なぜなら、日本の治療の常識では痛みを和らげる表面的治療方法が


      正しいという認識が広がっているからです。


      「腰痛を根本から解消するには何をするべきか?」その答えを私は知っています。
       

      医師も整体師も、抜け落ちている「ある観点」とは何か・・・


      これから一生、整体やコルセット、手術も必要ありません。

       
       腰痛を根本から解消させる為の方法があることを伝えました。


      では、「なぜ、腰痛に効果があると宣伝される方法で治らないのか?」ということについてもお話


      しておきます。


      実は、巷に溢れる腰痛治療法には、


      なかなか治らない理由があります。その理由とは・・・


      ある観点とは、皆さんの身体の中にあって全身を支えている大切なパーツに注目することです。















      身体が歪むも歪まないも、そのパーツが歪んでいるかどうかにかかっているのです。


      さて、何のことだかわかりますか?
       

      「全身を支えているのは骨格だから…骨、もしくは間接!」


      そう思われた方、残念ながら、それは大きな誤解です。


      骨は勝手に骨だけで動いたり、骨だけで歪んだりするものでしょうか。


      違いますね。多くの方が誤解しています。


      人間の身体全体を支えているのは骨格ではありません。
       

      筋肉です。


      骨が筋肉を動かすのではなく、筋肉が骨を動かしているのです。


      筋肉が骨格や関節に巻き付き、その動きと位置を決めているのです。


      骨は人間が姿勢を固定するための、つっかえ棒でしかありません。


      キーワードは、筋肉です。


      重心が分散される四つ足の動物と比べると、二足歩行は


      脊髄や腰に大きな負担がかかります。




      人類は進化の歴史の中で、かつてない「二本足で歩く」という動作を


      繰り返し行うことで、この負担が最もかからない最適位置を発見し、
       

      筋肉に定着させました。
       







      かつて人間は裸足で軟らかい土を踏みしめ、
       

      野山を駆け回る生活をしていました。


      それがいつしか、


      靴を履き堅い地面の上を歩き回る、


      あるいは一日中同じ姿勢でパソコンに向かう…


      といったものになりました。


      その結果、筋肉が従来の“正しい動き”をしなくなり、
       

      人間の身体は、ようやく手にした最適な骨格バランスを、
       

      忘れてしまったのです。


      その結果生じた現代病、それこそが、腰痛です。


      おわかりになりましたか?


















      ヘルニアを初め、腰痛の多くが治療後、
       


      高い確率で再発してしまうのは、これが原因です。


      いくら手術で骨を削ったり、整体で骨格の歪みを正しても、


      筋肉自体を矯正しなくては、またすぐに元に戻ってしまうのです。


      エゴスキューは、眠っている筋肉を目覚めさせ、本来の正しい動き方を手ほどきする「筋肉の再教育」により、


      この骨格を正しい位置に戻す療法です。


      その結果、全身の歪みが治り、痛みが消えてしまうのです。



       
      takarazima375 * 腰痛 * 23:47 * comments(0) * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 23:47 * - * -

        コメント

        コメントする









        このページの先頭へ